3月20日  たまごクラス授業より


先週のはじめ、あるニュースが私の心を捉えました。

『被災地の避難所では
お年寄りたちが、子供達に
昔から伝わる
手遊び歌、あやとり等を教えている
そのあたりだけ、大きな笑い声が聞こえる』

そのようなニュースを耳にしたときに、
私も寺子屋の子供たちに
日本から伝わる遊びを教えたい、伝えたい・・・
そう強く思いました。
そこで私が選んだのがコレ、
糸電話
私たち大人が、子供の頃に
一度は作ったことがある、遊んだことがある糸電話 。

今日の授業の後半は
これを作り、単語伝言ゲームをします!
(自宅で授業に向け下準備中の糸電話アイテム)
オリジナリティを出すために
これらを好きなように切って
そして
好きなように貼ってもらおうと思います。
皆、真剣に
そして、楽しみながら
それぞれの糸電話を作っていました。

不思議な電話、糸電話

すごーい!声が聞こえる!と、喜んでいる皆の顔を見て
とても嬉しくなった、わたくし、Yです。

これは、ある生徒が作った糸電話
よく出来ていますね★










講師Y

広告

3月20日  たまごクラス授業より」への1件のフィードバック

  1. 今回の大震災でたくさんの悲惨なニュースの中、
    このお年寄りの方達と子供達の交流は
    温かい気持ちになりますね。

    糸電話!すごく懐かしい~と思いました。
    可愛い電話に変身して、うちの子と家に帰ってから
    早速遊びましたよ♪

    いつもバラエティに富んだ楽しい授業ありがとうございます。

    いいね

コメントは受け付けていません。