て組 5月13日の授業より ~母の日~

昨日13日は母の日でしたね。
寺子屋は1週間にたった一時間の学校です。となると、ご家庭での日々の日本語学習へのサポートは必須となります。いつも皆のために一緒に宿題をしたり、読み聞かせをしてくれたり・・いつもありがとうの気持ちをお母さんへ。て組さんは2週にわたって母の日のプレゼントの準備をしました。

一週目は、お花つくり。
まずはストローに緑の紙で葉っぱを付けます。そして画用紙に元気いっぱいのお花を書き、切り取って貼り付けたら・・・

かわいいお花のできあがりです。お花の部分が大きすぎたせいか、ストローがその重みに耐えられず、「もう死んでる~」なんて言う子もいました。。

この写真のクラスは4歳クラス。書くお勉強は「運筆」を中心に行っています。そんな子供たちにとって、花びらのぎざぎざ部分を描くのは本当に難しいことです。子供たちも「難しい~」と言っていましたが、最後までお母さんのためにがんばったね!みんなとっても綺麗なお花を完成することができました。

2週目は、カード作りです。
この5歳クラスでは、「ままへ」と自分の名前、「ありがとう」の文字と、そしてお母さんの顔をかきました。その後、自分達で穴にリボンを通して完成☆
細かい作業まで本当に丁寧にできました!
蝶々結びは難しいので、アシスタントのお兄さんにも手伝ってもらいましたね。

4歳クラスでは、うさぎの絵に色塗りをしています。彼らも5歳クラスのみんなと同じように、
自分の名前、そしてリボンをつけてもらいました。「バッグみたい~」なんていって思いっきりリボンをひっぱってしまい、お母さんに渡す前に取れてしまう・・というハプニングもありましたが、皆、お母さんに喜んでもらえたかな?

講師Hより
広告