おすすめアニメ−動物好きの子に!

今日は、動物好きのお子さんにおすすめのアニメを紹介します。

私は普段大学で日本語を教えているのですが、
アニメが好きという学生は大勢います。

彼らの特徴は、語彙力の高さです。

補習校でも、アニメやマンガをきっかけに、
日本語力がぐんと伸びた子も多いです。

以下の作品は、小学校の低学年から楽しめますが、
大人が見てもおもしろい作品ばかりです。

自他共に認めるアニメオタクの私 (Emi)が、
自信を持っておすすめします!

1)映画「おおかみこどもの雨と雪」

まずは有名どころから。

昨年、話題になったアニメ映画です。

主人公は、狼と人間のハーフの子どもたちです。
自分は狼なのか、人間なのか•••

アイデンティティで揺れる様子子どもたちの決断を見て、
思わず涙してしまいました。

あたたかく、美しい映画です。


2)「獣の奏者エリン」

児童書が原作です。
作者の上橋菜穂子さんは、ファンタジー小説家でもありますが、
文化人類学の研究者でもあります。

上橋さんが描く異世界は、
なんというか「厚み」が違います。(原作もおすすめです!)

主人公のエリンという少女と、王獣(おうじゅう)と
呼ばれる動物が物語のキーです。

決して人と心を通わせることはないとされていたこの獣を、
操る力をもつエリンの喜びと苦悩、
王国を巻き込んでの、波瀾万丈なストーリーが描かれます。

人とは何か、生き物とは何か、
人と生き物の関係とはどうあるべきなのか•••。

かわいらしい絵柄と、やさしい雰囲気の作品の中に、
かなりシリアスな問題提起がなされています。

日本では、小さいお子さんと一緒に見始めて、
お母さんも一緒にハマってしま
ことが
よくあったそうです。

http://www3.nhk.or.jp/anime/erin/

3)「銀の匙 silver spoon

これも、ここ数年の中で、一押しアニメです!!

「鋼の練金術師」の作者、荒川弘さんの作品ですが、
まったく作風が違います。

農業高校に入った主人公が、
牛や馬やにわとりに翻弄されながらも、
農業の意味や、食べることについて考えるというお話です。

とても明るく楽しい作品ですが、食物連鎖についても学べます。

農林水産省のContents Award of Japan Food Cultureを受賞
したアニメでもあります。

ぜひお子様と見ながら、思ったことを話しあってみてください。

広告

おすすめアニメ−動物好きの子に!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 焦らない、比べない、でも続けること | Terakoya @Amsterdam

コメントは受け付けていません。