子どものいいところを数える

こ組&や組担当のEmiです。

「基本的な漢字が読めないんです」
「ボキャボラリーが少なくて」
「ひらがなもすらすら読めないんです」

海外で日本語を教えている先生や、
親御さんからよく聞かれることばです。

これはオランダに限らず、どの国でも共通しています。
見事に「ないないづくし」ですよね。

しかし、ここで基準となっているのは何でしょうか。
それは、「日本国内のモノリンガルの子どもの日本語」です。

自分たちが子どもの時の日本語。
日本の育児書の「発達基準」の日本語。
日本国内の知り合いの子どもの日本語。

日本語だけで生活し、日本語に囲まれ、日本語で遊び、
日本語で勉強している子どもたちです。

彼らの日本語と、海外で成長する子どもたちの日本語を比較し
できないことを数えるのは、果たしてフェアと言えるのか。

私達大人は、少なくとも、そのことに、
いつも自覚的である必要があると思います。

無意識に「できない」を数えることは、
子どもたちの自信を奪ってしまっているかもしれません。

これは、子どもにとっても、大人にとっても、しんどいです。

★★★

私がいつも気をつけているのは、「子どものいいところを数える」ことです。

そもそも、二カ国語以上話せるというだけで、すごいことです。

オランダの文化、日本の文化の両方を
肌で感じながら成長している子どもたちなんです。

言語を見る視点も、文化を見る視点も、
モノリンガルとは全く違います。

「国際理解」も「異文化理解」も、
呼吸のような感覚でできている子たちです。

また、創造力のあるお子さんが非常に多いことも
研究で実証されています。

★★★

ちょっと視点を変えるだけで、
子どもたちのいいところがたくさん見えてきます。

新しい漢字を5つ覚えた。
読めなかった本が読めるようになった。
接続詞が少し使えるようになった。
てらこやで習った言葉を使えた。

こういった「成果」だけでなく、

日本語をがんばって勉強しようとしている。
アニメを見ていて、ことばの意味に興味を持った。
日本食のパッケージの漢字の読み方に関心がある。

「態度•関心」もカウントできる「いいところ」です。

子どもたちのいいところ、一緒にたくさん数えていきましょう。

広告

子どものいいところを数える」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 焦らない、比べない、でも続けること | Terakoya @Amsterdam

コメントは受け付けていません。