日本語の勉強に役立つSNS

こ組&や組担当のEmiです。

欧州日本語教師研修会で勉強したことの続きです。
今回は、国際交流基金の村上吉文先生
教えていただいたことをまとめます。
(村上先生のブログはこちら

ソーシャルネットワーキングサービスの
お話なので、対象学習者は中高生以上です。

★★★

海外で日本語を勉強している多くの人に
とって、切実な悩みは、

「日本語を話す友人がまわりにいない」

ということです。

親が日本人という場合にも、

同年代で、日本語を話せる、気の合う仲間
いるのといないのとでは、大きな違いです。

今は、インターネットというツールがあります。
ぜひ日本語学習にも生かしましょう!

★★★

1)Facebookのコミュニティ

 
Facebook上には、いろいろな趣味のコミュニティがあります。
例えば、「オランダ」とカタカナで入れると
オランダに興味のある日本語話者のコミュニティ
見つけることができます。

ここに集まっている人たちは、オランダについて
興味津々の人たちです。

その他、好きなスポーツ、趣味などのサークルが
たくさんあります。

ここで友達を作れば、日本語を使う機会がぐんと増え、
自分の趣味についての情報も入ってきます。

 
2)写真共有サイト

Flicker や Google+にアップされている、日本人の写真に
日本語でコメントをするのも、日本語を使ういい機会になります。

ご存知の通り、日本人は旅行好きです。
オランダの写真もたくさんあります。

自分が今住んでいる街や、知っている街の名前を検索すると、
たくさんの写真がでてきます。写真についての感想をきっかけに、
友達をつくることもできます。

3)Lang 8

日本語で文章を書く練習をしたい場合は、Lang 8がおすすめです。
これも無料で使えます。

これは、世界中の人が、自分が勉強していることばで作文を書き、
お互いに添削しあうというシステムのサイトです。
添削をするのは、母語話者です。

日本語で作文を書くと、速い時には15分で誰かがチェックしてくれます。

私も実は使ったことがあるのですが、使い方には
ちょっとしたコツがあります。

【1】自分が学習したい言語の母語話者に、友達申請をしておく。
私はオランダ語を勉強しているので、オランダ語母語話者の中で、
日本語を勉強している人にしぼって、友達申請をしました。

【2】友達申請した人の作文は、なるべく添削してあげる。
そうすると、自分が書いた時も添削してもらえるようになります。

【3】ひとつの作文は、短めに。
長いと添削する側も大変なので。

【4】母語話者の中の「うまい人」を見極める
母語話者の中にも、レベルが高い人と低い人がいます。
うまい人を見極めて、その人の添削を優先して
参考にするようにしましょう。

★★★

最後に。
中高生のお子さんがSNSを使う場合には、安全な使い方について
よく説明してあげてからにしてください。

正しくインターネットを活用して、日本語力の向上に
役立てましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中