10月19日こ組授業【いろいろなふね】

こ組&や組担当の山本です。
先日のこ組の授業をご紹介します。
■■■

子どもたちに合った授業を展開できること。
これは、てらこやの良いところのひとつです。

■■■

この日は、東京書籍の国語教科書の「いろいろなふね」リライトした教材で
授業を行いました。

こ組は、ゲームが大好きで、元気いっぱいの男の子達のクラスです。

まず、ことばビンゴをしました。

教科書の文章に出てくることばを、
自分でマスの中に書くところから始まるゲームです。

もちろん、ただのお遊びではありません。
学習目的は、語彙の意味の確認と、ひらがな•カタカナの読みの復習です。
大いに盛り上がりながら、言葉の勉強ができました。

ことばの意味がわかったところで、音読です。
一文ずつ、順番に読んでもらいます。

ここにも、楽しく読める工夫をしました。

読む前に、くじ引き形式で『読み方指定カード』をひいてもらいます。

「ちいさいこえ」「おおきいこえ」「ねこのこえ」「うちゅうじんのこえ」•••
など、どんな読み方で読むのかが書かれたカードです。

「シンタクラースのこえ」をひいたR太君が一言。

「先生、シンタクラースは、日本語話せないよ?」

•••その通りです。もし話せたらという仮定でお願いします、とお返事しました。
(こういう鋭いツッコミも、頭の回転がはやい、こ組さんならでは。さすがだなあと思いました。)

N君の「うちゅうじんのこえ」、H君の「おかあさんのこえ」、
R君の「へんなこえ」もおもしろかったです。

■■■

ゲーム感覚で音読するうちに、長い文章も、すぐに
すらすら読めるように
なりました。

こ組さんの上達ぶり、本当にすばらしかったです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中