子ども対象!春のうどんワークショップ開催

 

まずは、4月14日、熊本で発生致しました熊本地震にて
被害に遭われました方々、また依然として避難生活を余儀なくされている方々に
心よりお見舞い申し上げます。

私は福岡出身、同郷の仲間達が、今現在苦しい状況にいるその姿を目の当たりにするのは、海外に住んでいる私にとって、胸が引き裂かれるほどの痛みでございます。

しかし、ここで私達が途方に暮れても何も変わりません。
募金、SNSにて情報を拡散等、海外にいるからこそできることを見つけ、微力ながら復興のお手伝いをしていきたいと思います。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

4月17日(日)、
アムステルダム市内、アムステルダム国立美術館の裏側に位置する某キッチンスタジオにて、
『第一回うどんワークショップ』が開催されました。

こちらはキッチンスタジオの窓から覗く景色です。

目の前には、アムステルダム国立美術館(裏側)が見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日の為に、張り切って子ども達が大好きなイラストを描いた『うどんワークショップ』のしおりも作成しました。

スクリーンショット 2016-04-18 14.06.43

本日の参加生徒は約20名。

うどんワークショップとは言えど、そこは皆おしゃれさん。

特に女の子達は、とてもかわいいエプロンを身にまとっていました。

本日講師を務めますのは、私、Y。
そして他、てらこやの先生方も参加します。

『てらこや』は、インターナショナルスクールのボランティアプログラムの学校にも認定されており、こちらの生徒達(高校生)が、毎回授業にボランティアで入ってくれています。

今回は子ども達に大人気のインターの生徒さん『なっちゃん』(一枚目写真左)がお手伝いに入ってくれます。

 

とはいえ・・
子ども達はいつも通り・・・黒板に落書き・・・とほほ。

場所は違えど、やはりやることはあまり変わりませんね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて、皆で手をぴっかぴかに洗ったあとは、
さっそく『おうどんの授業』からスタートです。

この為に2週間前から『麺(日本食)』について勉強していました。
(幼児クラスから小学高学年クラスまで)


かまぼこや、天かす、ゆでたまご、ねぎもスタンバイオッケー!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のうどんワークショップを開催するにあたり
こちらで入手可能な粉を使い、そしてそれに合ったお水等の黄金率を前もって研究。

本日は、自信をもって、
『讃岐うどん』さながらのおうどんを打ちます!

まずはこねる!

 

踏む!
そう!これがいっちばん楽しいんです。

だって子ども達には、『食べ物』を踏む!という固定観念がありません。
それを覆す瞬間の、子ども達の驚いた顔といったら!

また、
足でうどんの生地を踏むって、
とってもとってもとーーーーっても気持ちいいんですよ。

小学生のお兄ちゃんお姉ちゃん達が未就学児のヘルプをしてくれています。

これもまた、てらこやの良い所ですよね。


この後は、生地をちょーっと休ませます。

おやすみ〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その間、子ども達はおりがみタイム!

 

そして、この後も踏む、寝かすの繰り返し。

さぁ!やっと生地を伸ばす時間です。

コシがすごーーーーい生地ですので、伸ばすのが大変なのです。


そこは保護者の力を借りましょう。
特にお父さん方、頼みますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして・・・

できました!

見えますか?
私が持っている、綺麗な生地が★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、これを三つ折りにし、切っていきます。

通常は包丁で切りますが、子ども達のワークショップなので
プラスティック包丁、またナイフで切っていきます。

このようなワークショップを開催する際、
びっくりするほどお兄ちゃん、お姉ちゃん達が小さい子ども達の面倒を
率先してみてくれます。

何も言わなくとも、こうやって優しく教えてくれるんですよね。

だから子ども達は、てらこやのお兄ちゃん・お姉ちゃんが大好き。

こういう『絆』は、このような食べ物のワークショップを通し、更に深くなっていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熱湯もスタンバイ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さぁ、皆が切ってくれた麺を湯がきます!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして・・・20分湯がいたあと
冷水でしめる!

できました!

子ども達が自分達の力で作った『うどん』です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆、無言で食べています。

シコシコ麺!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おいしいおうどんの時間。


がんばった皆に最後は修了書を授与。

なんだかこれを作った私が一番嬉しそうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆、よくがんばりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スクリーンショット 2016-04-18 14.07.42

最後は皆で記念撮影です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうやって子ども達の『日本愛』を日本の食育を通して育てていくことで、
将来、子ども達が私達のように大人になり、またいつか日本でこのような惨事が起きたとき、
日本の『望み』になってくれる、そして、その大きな助けになってくれる大人に育ってくれる、そう信じています。

自分が必要とされていることを受け入れられる人間は、大きく大きく飛躍できる。
それは言語がもう一つできるといったレベルの話ではなく、もっと大きな話。

今いる国、即ち、一つの国、人種、グループだけではなく、自分のルーツを認め、愛した時にはじめて、自分が関係する他の国、人種の存在を大切にできるのではないかと思います。

命を大切にすることは、まず自分の存在を認めたところからはじまります。
EmpathyもSypmathyも、基本はまず、そこなのです。

今、私達講師にできることは、その部分を育ててあげること。
こうやって子ども達に『日本語を教えること』を通して沢山の愛情を注ぐことだと信じています。

最後に・・・
本日の『うどんワークショップ』のムービーはこちらからご覧頂けます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中