大切なお知らせ〜教科書の出版決定〜

本日は皆様に大切なお知らせがあります。

山本絵美を筆頭に、上野淳子、米良好恵3名で共同執筆した日本語教科書『おひさま』が、この度、世界で出版されることが決定いたしました。

マルチリンガルの子ども達を対象にした、世界初の日本語教科書です。海外在住の日本人のお子様にはもちろん、国内外で外国語として日本語を学ぶお子様、帰国子女用の日本語プログラム、イマージョンプログラムなどで幅広くお使いいただけます。

出版元は、言語学・日本語学関連書籍や教科書でお馴染みの「くろしお出版」です。

最新の言語学の研究成果、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)、ACTFL–OPI(全米外国語教育協会が開発した会話試験)の考え方を取り入れ、子ども達が主体となって、楽しく学べるよう工夫しました。
従来の国語教材や、日本語教科書とは全く異なる、マルチリンガルの子ども達のための新しい教科書です。出版は2017年冬の予定です。この1年をかけ、世界で行われる日本語教育の学会で、この教科書について発表し、関係者皆様からフィードバックをいただき、更なる内容の充実を目指していく予定です。

つきましては、2017年の出版まで『おひさま』の公式Facebookページを開設いたします。

『おひさま』についてのご紹介、言語学や日本語学の役立つ情報、海外での子育て情報、おすすめの絵本や書籍、ウェブサイトなどを掲載していきます。

複言語環境で子育てをしている方、教育関係の皆様の一助となれれば幸いです。

もしよろしければフォロー、また『LIKE』をお願いいたします。
またこの記事のシェアは大歓迎です。

■『おひさま』公式ページ

https://www.facebook.com/おひさま-1731025060461592/?ref=hl

山本絵美、上野淳子、米良好恵

広告

某大学教授からの教科書推薦状

現在、海外に住むマルチリンガルの子供用教科書、下巻を制作中の講師陣です。

さてこの教科書ですが、この度、オランダの某大学教授からの推薦を頂きました。

やはりこの道の専門の方にお墨付きを頂けるのは嬉しいことですね。

これに甘んじず、これからも教科書制作に精進していきたいと思っています。

先週の日曜日、ライデン大学で行われた日本語講師勉強会にて、この教科書の筆頭著者であるEMI先生の教科書プレゼンが行われました。

月〜金まで大学で日本語を教え、土曜日は補習校、日曜日は寺子屋で教えているEMI先生。
彼女のバイタリティ、そして、前向きな姿勢にはいつも心打たれるものがあります。

博学多才なEMI先生と一緒にこうやってお仕事させて頂けること、心から幸せに思います。

こちらのプレゼンですが、私も同席させて頂きました。

皆様、素晴らしい経歴をお持ちの方ばかりでしたが、
熱心に耳を傾けてくださり、その後、たくさんのアドバイスも頂き、
有意義な時間を過ごさせて頂きました。

関係者の皆様、EMI先生、本当にありがとうございました。

(※写真:EMI先生)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講師Y

教科書紹介〜ら組(5,6歳クラス)【2】

ら組(5,6歳クラス)の教科書のもうひとつの特徴は、「読み重視」です。

まず、カタカナの練習は、いきなり書かせるのではなく、じっくり読む練習ができる構成になっています。ひらがなと比べ、カタカナは直線でシンプルな字が多い分、似たような形が多く、混乱しやすいのが特徴です。ゲーム感覚でできる問題も混ぜながら、楽しく勉強ができるようになっています。

また、いろいろな字体に慣れることができるように、問題によってフォントを変えてあります。(使用したのは、明朝体、ゴシック体、教科書体です。なお、書く練習の部分は、すべて教科書体です。)スクリーンショット 2014-08-20 9.20.29ら組_カタカナ

 

 

 

 

 

 

★★★

また、音読ページとして、ひらがなの読み物も入れてあります。読み物も、もちろんオリジナルです。

教科書の各トピックに合わせた内容で、海外のマルチリンガルの子どもが苦手な部分にフォーカスしつつ、読みやすく楽しい文章になるよう、工夫しました。例えば、「いろいろな国」の読み物は、「ちず、ちず、チーズ、ねずみがぱくぱく たべちゃった」という短い文です。長い音と短い音、アクセントの違いに気をつけて読める文になっています。「たべもの」のトピックでは、「ひとつ、ふたつ•••とお」を勉強するので、「オランダかぞえうた」を作ってみました。(「ひとつ」から「とお」まであります。)

短い文章をくりかえし読むことで、ひらがなの復習をしつつ、こ組(7歳からのクラス)以降の国語教科書の読み物を使用した授業に、無理なくシフトできるようにしてあります。

イラストは、ことば&絵リストや、ら組の挿絵、とびら絵、表紙絵なども担当してくださった、プロの版画家さんです。読み物が10倍も100倍もおもしろくなるような、すてきな絵をご提供いただきました。

スクリーンショット 2014-08-20 9.30.12 スクリーンショット 2014-08-20 9.30.34

 

 

 

 

 

 

 

文:山本絵美

 

教科書紹介〜て組(4歳クラス)【2】

て組(4歳クラス)の教材は、教科書本冊とひらがな教材に分けました。

ひとつめの理由は、てらこやでは、ひとりひとりの進度に合わせた授業をするからです。て組の対象年齢は4歳からですが、運筆から始める子もいれば、すぐにひらがなの勉強を始める子もいて、様々です。なので、教科書本冊はクラス全員で使い、書く練習の教材は別のほうが良いということになりました。また、「内容レベルとしては、ら組がちょうど良いが、まだひらがなが弱い」というお子さんの場合も、ら組でカタカナを一緒に勉強しながら、ひらがな教材を家で使って勉強することもできます

このように多様な生徒さんに合わせることが可能になるので、ひらがな教材を別冊としました。

★★★

「ひらがな教材なんて、いくらでもあるじゃない!」と思われる方もいるかもしれません。確かによくできたひらがな教材がたくさんありますし、最近はインターネットの無料教材も充実しています。

それでも、海外の子どもたちには「ちょっと合わない」と思うことも多いのです。

一番大きいのは、語彙の選択です。

「こけし」「えんがわ」「ラムネ」。確かに、日本国内ではよく使うことばかもしれません。しかし、これは、本当に海外の子どもたちが最優先で覚えなければならない言葉でしょうか。

限られたインプットの中で語彙を増やすのは、大変なことです。語彙は、マルチリンガルとして成長する子どもにとって(大人になっても)永遠に続く課題ともいえます。そして、日本語に使える時間もエネルギーも限られています。だからこそ、語彙の選択は重要なのです。

このひらがな教材は、日本国内のモノリンガルの幼児が習得するべきとされる語彙の中から、てらこやの一番のベテランの先生が言葉を選んで作成しました。どれも本当によく使う言葉ばかりです。

また、海外の子どもたちは、名詞よりも動詞を苦手とすることが多いです。たとえば、「うみ」はよく覚えていても、「泳ぐ」がなかなか出てこなかったり、「ごみ」はわかっても「捨てる」が難しかったりします。

てらこやのひらがな教材には、名詞だけでなく、動詞も形容詞もたくさんのせてあります。これも同じく、使用頻度の高い、大切な言葉ばかりです。

★★★

書く練習は、指でなぞり書きをするところから始められます。このパートは、1ページに1文字という贅沢な作りです。

指でなぞって繰り返し練習をし、言葉をリズムよく口ずさむことで、効率よくひらがなを覚えることができます。
(そのための「詩」も、講師のひとりが考えました。)

このページにも、よく使う言葉と素敵なイラストが描かれています。このイラストを描いてくれたのは、大学でアニメーション制作を勉強された方です。今にも動き出しそうな、本当にすばらしい絵です。特に動物や人物の目がかわいいので、ご注目ください。

ひらがな教材1ひらがな教材3

文ーてらこや講師:山本絵美

 

関連記事:

 

て組オリジナル教科書紹介はこちらから→

ら組オリジナル教科書紹介はこちらから→

てらこやオリジナル教科書試用版完成記事はこちらから→

 

教科書紹介〜ら組(5,6歳クラス)【1】

次は、ら組の教科書を紹介します。

★★★

てらこやでは、て組でひらがなを、ら組でかたかなを勉強します。

実は、初めててらこやに来た時は、「え、就学前の年齢でそこまでやるの!?」とびっくりしました。私にはまだ子どもがいないので、最近の幼児教育事情に詳しくなかったのですが、最近は、幼稚園でも、通信教材でも、就学前にひらがなもカタカナも勉強する場合が多いのですね。

実際にてらこやで教え始めると、もちろん、学ぶ速度が速い子とゆっくりの子はいますが、て組とら組を終える頃には、どちらもちゃんと読めて書けるようになるのです。

新しい字を学ぶことに、子どもたちは意欲的で積極的です。どの授業でも、みんな真剣に取り組んでくれました。
★★★

「みんなが大好きな文字学習を、もっと楽しく!」と、教科書のかたかな導入パートに入れたのが、こちらのページです。

写真を見ながら、日本語っておもしろいなあと、あらためて思いました。

「ヤギさんからのお願い」も「さくらアイス」も、ちょっと一歩踏み込んで考えたくなりませんか?

「おもてなし」も、最近、日本に行くとあちこちで見かけますし、これも「日本文化」として紹介したいものの一つです。

ただの「カタカナ探し」で終わるのではなく、ほんのちょっと、内容についても話ができるような写真を選びました。
この活動を通じて、子どもの「考える力」を伸ばしていきたいと考えています。
(これも、写真のご協力をいただきました。本当にありがとうございます。)

 

ら組_写真

 

 

文ー寺子屋講師:山本絵美

教科書紹介〜て組(4歳クラス)【1】

まずは、て組の教科書をご紹介します。

★★★

9月のテーマは「いろいろな国」です。て組は、オランダと周辺国の地図や国旗を使って勉強します。実際の授業では、大きな地図や国旗カードなども使い、興味のある子には他の国旗や色もどんどん覚えてもらう予定ですが、メインのひとつとして教科書に掲載したのは、色の名前です。

色は色でバラバラに覚えるのではなく、テーマにそった形で勉強できるようにしました。

たとえば、写真のページは、周辺国の国旗と色です。(オランダの旗は、前章で登場して赤•白•青は既出です。)

今回の試用版は、基本的には白黒印刷ですが、カラー印刷も効果的に使用してあります。

ご覧ください、この可愛らしい絵!!
ライデン大学日本学科の卒業生が、「子どもたちのために」と挿絵に協力してくれました。(来年から、彼女は日本の芸大で絵の勉強を本格的に始めるそうです。)まるで絵本のような、やわらかいタッチのすばらしい絵です。

お子さんに合わせて、メインポイントの国旗と色に焦点を絞ることもできますし、色の例として描かれたイラストを使って、会話を広げることもできます。

 

て組_色

 

 

文:てらこや講師:山本絵美

教科書の試用版、完成!

海外に住んでいる、マルチリンガルのお子さんのための教科書の試用版が、ついに完成しました!

国語教材とも、日本語教材とも、ひと味違う内容です。てらこやの講師陣が、知識と経験をフル活用して作成しました。

基本的なアイデアは、ヨーロッパの複言語主義の考え方です。「日本人の子どもなんだから!」と価値観を押しつけるのではなく、ひとりひとりの言語の体験•知識を豊かにすること、異文化理解の心を育てること、自己表現と相互理解を可能にする日本語学習を理念としました。

このため、何よりも子どもたちが楽しく勉強できること、他者に「伝えたい」という気持ちを育てることを大切にしました。そのための活動例、歌の紹介、子どもへの問いかけ例などなど、たくさんのアイデアを贅沢につめこみました。

3人のアーティストさんにもご協力いただいて、素敵なイラストを描いていただきました!(もう、この絵を見るだけでも、わくわくするような、本当にすばらしい挿絵ばかりです。)

絵が多いので、子どもの日本語力に合わせて、聞き取り練習から自由に話す練習まで、幅広い使い方ができるのも特徴です。

★★★

ただ楽しく勉強できるだけではありません。言語面も文化面も充実しています。

言語面では、語彙、コロケーション(語の組み合わせ)、助詞など、特に海外在住の子どもたちにとって難しいと言われる部分に焦点を当てました。また、書きよりも読みを重視しています。

文化面では、ただ日本の文化を紹介するだけでなく、その文化体験自体もことばの教育とつなげたり、在住国の文化と比べることができるようにしました。

★★★

それから、子どもたちにとって身近な文化や話題もたくさん登場します。

今回はオランダ•バージョンとして作成したので(ゆくゆくは世界版も作る予定です!)、オランダやヨーロッパの地図、国旗、シンタクラースなどがでてきます。

「日本語の教科書だから、日本の話だけ」ではなく、子どもにとって「ピンとくる話」(自分が住んでいる場所•文化)を使いながら日本語を学ぶことこそが、子どもたちの思考力を高めると考えるからです。

(逆に言うと、の部分のみ自国の地理や文化に差し替えていただければ、どの国でも使える教科書でもあります。)

★★★

この教科書、て組&ら組で、今週スタートする新学期から、早速使います!

「中身が気になる」という方のために、これから数日に渡って、ちょっとだけ内容をご紹介します。どうぞお楽しみに。

 

また、こ組(7歳、8歳、9歳) や組(9歳以上)では今期から日本の小学校で使用されている教科書を使用し、授業をすすめていく予定です。

 

文:てらこや講師: 山本絵美

 

関連記事

 

・4歳クラス『て』組教科書紹介記事①→

・4歳クラス『て』組教科書紹介記事②→

・5、6歳クラス『ら』組教科書紹介記事①→

・5、6歳クラス『ら』組教科書紹介記事②→

・教科書紹介2点の共通点 →