大切なお知らせ〜教科書の出版決定〜

本日は皆様に大切なお知らせがあります。

山本絵美を筆頭に、上野淳子、米良好恵3名で共同執筆した日本語教科書『おひさま』が、この度、世界で出版されることが決定いたしました。

マルチリンガルの子ども達を対象にした、世界初の日本語教科書です。海外在住の日本人のお子様にはもちろん、国内外で外国語として日本語を学ぶお子様、帰国子女用の日本語プログラム、イマージョンプログラムなどで幅広くお使いいただけます。

出版元は、言語学・日本語学関連書籍や教科書でお馴染みの「くろしお出版」です。

最新の言語学の研究成果、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)、ACTFL–OPI(全米外国語教育協会が開発した会話試験)の考え方を取り入れ、子ども達が主体となって、楽しく学べるよう工夫しました。
従来の国語教材や、日本語教科書とは全く異なる、マルチリンガルの子ども達のための新しい教科書です。出版は2017年冬の予定です。この1年をかけ、世界で行われる日本語教育の学会で、この教科書について発表し、関係者皆様からフィードバックをいただき、更なる内容の充実を目指していく予定です。

つきましては、2017年の出版まで『おひさま』の公式Facebookページを開設いたします。

『おひさま』についてのご紹介、言語学や日本語学の役立つ情報、海外での子育て情報、おすすめの絵本や書籍、ウェブサイトなどを掲載していきます。

複言語環境で子育てをしている方、教育関係の皆様の一助となれれば幸いです。

もしよろしければフォロー、また『LIKE』をお願いいたします。
またこの記事のシェアは大歓迎です。

■『おひさま』公式ページ

https://www.facebook.com/おひさま-1731025060461592/?ref=hl

山本絵美、上野淳子、米良好恵

広告

こ組授業風景(10月11日)世界遺産プレゼンテーション

こんにちわ。
寺子屋こ組(9歳〜11歳クラス)担当のYです。

 

この二ヶ月間、こ組では『世界遺産』について勉強してきました。

さらにこの一ヶ月は、自分で好きな世界遺産を一つ選び、
色々調べていくプロジェクト形式をとっていました。

そして今日は皆の前で発表の日。プレゼンの日。

皆、用意はいいですか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

皆の発表している模様を
しっかりビデオに収めました。

皆、すばらしかったです!

おつかれさま!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

①グレートバリアリーフ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

② モンサンミッシェル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

③イエローストーン国立公園

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

④ アントニオ・ガウディ作品群

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

や組(小学中学年&高学年)によるムービー制作『鳥獣戯画』

皆様、ご無沙汰しております。

や組講師のYです。

さて、や組(小学中学年クラス)では今年1月より1ヶ月半かけ
小学6年生の教科書の『リライト教材』を利用し、『鳥獣戯画』を勉強しておりました。

皆様、『鳥獣戯画』をご存知ですか?

『甲・乙・丙・丁』と呼ばれる全4巻の絵巻物は、京都右京区の高山寺に伝わる紙本絵巻。

 

全4巻を合わせると44メートルあると言われているこの絵巻物は、特にウサギ、カエル、サルなどが擬人化し描かれた『甲』本が特に人気で、一部の場面には、現在の漫画に用いられている効果に類似した手法が用いられていることから、『鳥獣戯画』は、『日本最古の漫画(アニメーション)』とも言われています。

そんな日本最古のアニメーションを勉強する内に、
私達も私達の手で、『や組の鳥獣戯画レポート』のムービー(動画)を作り上げようではないか!となりました。
ムービーの構成から音楽に至るまで、すべて子供達が担当。
音読風景を取り入れるのも、彼女達のアイディアでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎週1時間だけ、限られた時間の間で制作したムービーですので、できる事は限られていますが、皆で一生懸命作りました。
何よりも和気藹々とした寺子屋での雰囲気が大いに出ているかと思います。

海外に住むマルチリンガルの子供にとって、日本語を続けていくことは、容易なことではありません。
特に小学中学年になると漢字はより難しく、文章もより難しくなります。
自主学習も必須になります。
小学中学〜高学年になると、日本語を続けようとする気持ちは、そのモチベーションの高さに比例します。

ですが、このクラスは、お互い助け合い、そして何より厚い信頼関係で結ばれている為、きっとこれからも、良い環境の中、日本のお勉強ができることでしょう。

3月22日からは新しい女の子も加わり、や組は小学中学年〜高学年女子4名になります。

私も週に1回、皆と過ごせることがとても楽しみです。

皆、これからもよろしくね。

 

 

某大学教授からの教科書推薦状

現在、海外に住むマルチリンガルの子供用教科書、下巻を制作中の講師陣です。

さてこの教科書ですが、この度、オランダの某大学教授からの推薦を頂きました。

やはりこの道の専門の方にお墨付きを頂けるのは嬉しいことですね。

これに甘んじず、これからも教科書制作に精進していきたいと思っています。

先週の日曜日、ライデン大学で行われた日本語講師勉強会にて、この教科書の筆頭著者であるEMI先生の教科書プレゼンが行われました。

月〜金まで大学で日本語を教え、土曜日は補習校、日曜日は寺子屋で教えているEMI先生。
彼女のバイタリティ、そして、前向きな姿勢にはいつも心打たれるものがあります。

博学多才なEMI先生と一緒にこうやってお仕事させて頂けること、心から幸せに思います。

こちらのプレゼンですが、私も同席させて頂きました。

皆様、素晴らしい経歴をお持ちの方ばかりでしたが、
熱心に耳を傾けてくださり、その後、たくさんのアドバイスも頂き、
有意義な時間を過ごさせて頂きました。

関係者の皆様、EMI先生、本当にありがとうございました。

(※写真:EMI先生)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講師Y

言語の否定=その人すべての否定

「わたしを本当に傷つけたいと思うなら、

わたしのことばを罵ればいい。

民族的アイデンティティは、

言語的アイデンティティと表裏一体なのだから。

ことばは、わたし自身

自分のことばに誇りを持つことができないかぎり、

自分自身に誇りを持つことなんて、できない。」(Anzaldua, 1990, P.39)

■■■
チカーノ文化やフェミニズムの研究者でもあり、
詩人としても活躍していた、Gloria Anzalduaのことばです。
(”How to Tame a Wild Language” 1990。
インターネット上でも読むことができます。)

■■■

最近、オランダ人の旦那さんをもつ知人が、
「家庭内で子どもたちと日本語を話すな」と
言われたそうです。

話を聞いただけの私も、
胸をえぐられるような思いがしました。

Anzalduaの文章にもあるように、
ことばは、その人自身です。
その人が、その人らしくあるために必要不可欠です。

特に海外在住のマイノリティにとって、
ことばを否定することが、どんなに暴力的で、
相手を傷つける行為なのか、多数派側の
人間には、きっちり理解してほしいと思います。

■■■

「人権としての言語権(Linguistic Human Right)」
という言葉もあります。

国際人権B規約(1966年)においても、
マイノリティが自己の言語を使用する権利
認められています。

外国に移住したら、現地の言語しか話してはいけないのでしょうか。
母語を捨て、自分自身を捨てなければならないのでしょうか。

そんなことは、決してありません。

もちろん、現地の言語を学ぶ努力はしたほうがいいと思いますが、
母語を使う権利は、人間としての権利です。
(詳しくは、Skutnabb-Kangasの著書や論文をご参考ください。)

■■■

海外で生活する、日本語母語話者の皆様、
どうぞ胸をはって、日本語を使ってください。

国語教科書を「簡単」にする方法

こ組&や組担当のEmiです。

海外で日本語を学ぶ子どもたちが、
国語教科書を使う場合、
難しいのは何でしょうか。

■■■

ひとつめは文脈です。
特に物語は、海外の子どもたちには「ぴんとこない」ものも少なくありません。
あるいは、日本国内の子どもたちとは、全く異なる印象を持つこともあります。

例えば「スーホーと白い馬」は、オランダでは、「馬を楽器に使うなんて•••」と
ショックを受けてしまう子どもがたくさんいます。
幼少期から乗馬をする子どもたちが多いこともあり、
馬に対する親近感の違いから生まれる感情かもしれません。

その場合、読むこと自体が、精神的な苦痛になってしまいます。
これは、本来の教育目的とは大きくずれます。

文化による違いが、物語の受け取り方に大きな違いを生むことがあることは、
海外で日本語を教える親御さんも教育者も、知っておくべき点だと思います。

もし読み物を選べる環境にあるなら、その国でも楽しんで読めるもの
日本文化や歴史の勉強になるもの、あるいは子どもの興味にあった説明文がいいでしょう。

■■■

ふたつめは、漢字と語彙です。

特に説明文の場合、日常生活で使うことばとは異なる、
専門用語が増えるので、難易度はぐっとあがります。

ただし、このことと、内容の難易度はべつの問題です。

てらこやに通う子どもたちのように、
頭の回転が速いマルチリンガルの子どもたちは大勢います。

思考力も論理性
も、同世代の子どもたちよりも発達した子どもたちです。

そのような子どもたちにとって、社会や理科の知識を得ながら、日本語も学べる
国語教科書の説明文は、知的好奇心を刺激する、優れた教材です。

それを「日本語力が弱いから、年齢は12歳だけど、小2の説明文を•••」と考えて、
ただ読ませてしまうと、内容自体が幼稚すぎて、飽きてしまいます。
(もちろん、授業の展開の仕方にもよりますが)

国語の教科書の読み物を、
内容はそのままに、
日本語を簡単にする方法
があります。

それが「リライト」です。

■■■

日本国内の外国人児童向けに開発されたリライト教材は、市販でも手に入ります。

http://www.296.jp/books/data_books/t1338862804/index_html

スクリーンショット 2014-10-06 19.20.11
実際に見ていただくとわかりますが、教科書の読み物が、
文章の内容は変えず、1文を短くし、簡単な語彙を用いて
書きかえられています。

また、読みやすいよう、改行にも工夫があります。

漢字には、すべてふりがながふってあります。

文章全体の長さも、もとの文章よりも短くなっています。

もともとは、日本国内の外国人の子ども向けですが、作品によっては、
海外で日本語を学ぶ子どもたちにも十分使えます

しかし、すべての教科書、すべての作品のリライト教材が
入手可能なわけではありません。

上でご紹介したリライト教材の本にも、光村図書の中の、
代表作品のリライトのみが掲載されています。

「この作品を使いたいのに、リライト教材にはない」
「リライト教材のレベルが、教室の子どもたちには合わない」

そのような場合は、上記の教材の中にも書かれていますが、
ぜひご自身でリライトをしてみてください。

■■■

実際に子どもたちの日本語力を一番理解しているのは、
日本語を教えている親御さん、そして教師です。

リライトは、決して難しい作業ではありません

目の前の子どもたちに、内容をかみくだいて説明するイメージです。

内容は十分わかる、難しいのは語彙と漢字だけなのだとわかると、
子どもたちにも達成感、「学ぶ」よろこびが生まれます。

急にぐんと伸びる日

母語として学ぶ時も、外国語として学ぶ時も、
習い始めというのは、成果が目に見えてわかります。

挨拶が言えるようになった!
ひらがなが書けるようになった!
標識がなんとなく読めるようになった!

などなど。

★★★

しんどいのは、外国語の場合、初級後半から中級
自分の伸びが、自分でよくわからなくなった時

中級から上級上級者への壁の厚さに、立ちすくむ時です。

母語や継承語として日本語を学ぶ場合にも、
小さい時よりも、少し大きくなってからのほうが、
モチベーションの維持が難しくなります。

おうちの人の言うことを、ただ聞く年齢ではなくなるからです。

「こんなにがんばっているのに、どうしてできないの?」
「去年はできていたのに、どうして忘れてしまうの?」

心配になることも、イライラしてしまうこともあるかもしれません。
そんな時は、「焦らない、比べない、でも続けること」
心の中で唱えてみてください。(詳しくはこちら

ゆるく、長く続けることが大切です。

★★★

語学の習得は、右上がりの直線グラフではありません。

何も起きていないかに見える停滞期や、
心配になってしまう減退期もあります。

しかし、続けてさえいれば、長い目で見た場合、
必ず右上がりになっているものなのです。

特にお子さんや若い学習者の場合、ふとしたきっかけで、
ぐんと伸びることがよくあります。

★★★

私の知っているお子さん(11歳)は、今まで日本語にあまり興味がなく、
家庭でお母様と話す以外に、使おうとはしませんでした。
ところが最近、「プリティ•リズム」というアニメのDVDを
友達に借りたことで、一気に日本語力が高まりました。

今まで使っていなかった語彙が使えるようになり、
会話で使う自然な表現も身につきました。

将来、日本に留学したいそうで、日本語の勉強にも力を
入れています。

ほかのお子さんで、漢字の苦手な中学生がいました。
一生懸命、小学校までは補習校に通っていたのですが、
授業を理解することもやっとの状態だったそうです。

その子が、親戚にもらった日本のファッション雑誌
読んだことをきっかけに、一変しました。

雑誌の隅から隅まで、親御さんに漢字の読み方を教えてもらいながら読み、
それからも、日本のファッション誌や、ファッション関係の本をたくさん
読むようになりました。

今では、日本で就職し、立派なキャリアウーマンです。

★★★

ほかにも、友達との出会いがきっかけで、今までほとんど話せなかった子が
たくさんお話してくれるようになったり、日本語でゲームをするうちに、
ぐんと日本語が上達した子もいます。

いつ、どこで、ぐんと急成長するかわからないのが語学ですが、
子どもの場合、それが特に顕著なのです。

アニメ、ファッション雑誌、友達、ゲーム•••

大人にとっては、日常生活のほんの一部でしかありません。

しかし、子どもにとっては、人生において大きな意味をもつことも
あります。それが、いつか、ぐんと伸びるための種になるのです。

★★★

日本語•日本文化に興味がもてそうなことを、ひとつでも見つけて、
ゆるく、長く続けてみてください。

いつか、ぐんと伸びる日が来ますから。

苦手な動詞が得意になる本

こ組&や組担当のEmiです。

以前、てらこやの同僚のY講師に
「こちらに住んでいる子は、名詞よりも動詞が弱いことが多い」
と教えてもらいました。

確かに、てらこやでも補習校でも、
「プールで」まで言えても、「泳ぐ」が出てこなかったり、
「パンを」の後、「焼く」が出てこないことがよくありました。

これはいったい、どうしてなのでしょうか。

★★★

まず、幼児の言語習得の順番として、一番最初に覚える品詞は名詞です。
これは、すべての言語に共通していると言われています。

幼児の使用語彙を比べると、名詞が圧倒的に多く
ついで動詞、形容詞の順番です。

この理由は、名詞のほうが具体的だからです。
名詞は、実際に見たり、触ったりできるものがほとんどです。

これに対して、動詞や形容詞はより抽象的です。

★★★

ここからは、私の個人的な考えです。

モノリンガルのお子さんであれば、小学校低学年のまでの段階で、
動詞と形容詞の語彙がぐんと増えます。

しかし、海外で成長するマルチリンガルのお子さんの場合、
4歳から8歳頃というのは、ちょうど現地語の影響力
とても大きくなる時期でもあります。

今まで覚えていたはずのことばが出てこない、
いつのまにか忘れてしまう•••そんな時期です。

以前、ベルリンの補習校の先生に、
小さな子どもたちには、翻訳ができない。
だから、現地語が一気に入ってきたとき、
日本語を使っていないと、そのまま日本語は
喪失してしまう。」
とうかがったことがあります。
(そのため、ベルリンの補習校では幼児教育にも
力を入れているそうです。)

このような状況に子どもが置かれた場合、
現地語の動詞や形容詞の増に、
日本語がなかなか追いつかないのではないでしょうか。

★★★

言語喪失をふせぎ、ゆっくりでも、確実に日本語力を
伸ばしていくためには、日々使うことが一番大切です。

ただ、日常生活の中では、使用する語彙が限られているのも
事実です。

動詞•形容詞を楽しく増やし、豊かな表現力を身につけるために
おすすめの本『三省堂 ことばつかい方絵じてん』です。

スクリーンショット 2014-09-15 19.27.59

 

 

 

 

 

 

 

テーマ別、場面別になっているので、文脈の中
ことばをおぼえられます。

文をつなぐことば、同音異義語、反対語なども
充実しています。

1冊あれば、3歳くらいから、小学生まで楽しめます。
大人が読んでも「へえー」と思える内容で、
心からおすすめします。

 

国語教科書をとことん使う!

橋本武先生という人を、聞いたことはありますか?

小説『銀の匙』を3年間読み込む授業で、
灘校の生徒達を東大合格日本一に導いた
有名な国語の先生です。

もちろん、いろいろな授業のスタイルがあり、
それぞれ長所があるものですが、
ひとつの作品をじっくり読むことでしか
得られない学びもあるのではないかと思います。

★★★

今年度、こ組&や組では、国語教科書の読み物を扱っています。

ひとつひとつの読み物を、とことん使う予定です。

夏休み中に日本語から離れていたお子さんにも、
無理がないよう、少し易しめの文章を、
まず1ヶ月ゆっくり読むところから始めました。

保護者の方によっては、「うちの子にはレベルが低すぎる」
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、まずはさらっと読める文章がいいのです。
そうすることで、単語ごと、節ごと、文ごと、段落ごとのまとまりを感じながら、
声に出して読むことができるようになります。

おしゃべりが得意なお子さんでも、まとまった話をするのはまだ苦手です。
その前段階として、音読をくりかえし日本語の文の構造をからだに
覚えさせることはとても大切です。

登場人物、おおまかなあらすじ、文章の構成、登場人物の気持ちの変化、
それについて自分はどう考えるのか

例え読みやすい文章であっても、それを再度
自分のことばで表現するのは、簡単なことではありません。

また、読みやすい文章だからこそ、一歩踏み込んだ分析をするだけの
余裕がでてきます。

その子にしかできない読み方が、できるようになります。

それが、考える力•表現する力を育てます。

★★★

国語の教科書をとことん使う、
まだまだ続きがあります。

読み物のトピックに合わせ、理科•社会の内容に発展させる予定です。

まだ教案の段階ですが、こ組は雨の話なので、
雨が降る仕組みや、各国の降水量の比較などを。
先週は、Y先生が水の実験をしてくれましたね。
(先週の授業の様子は、こちらから

や組はセーターが出てくる物語なので、
繊維の種類や作り方着物の歴史などもおもしろそうです。

さらに、子どもたちの「伝えたい」気持ちを刺激する、
パーソナライズした活動としては、
「雨の日の楽しい過ごし方」「一番お気に入りの服」について
子どもたちに発表してもらうのもいいなと思っています。

授業展開の仕方は、無限大です。

★★★

国語の教科書をとことん使う授業の様子、
本ブログ内の「授業風景よりでも、
随時ご紹介しますので、お楽しみに!

楽しく勉強できるアプリ

今日は、日本語勉強するのではなく、
日本語で勉強できる無料アプリのご紹介です。

ことばの力も、考える力も一緒に伸びる、
まさに一石二鳥です。

★★★

かずのトライ

遊びながら数える練習、基本的な足し算•引き算の勉強ができます。
正解するとポイントがたまって、かわいいモンスターが成長します。

大きくなると、なかなかかっこいいキャラクターになるので、
男の子にもおすすめです。

対象年齢は4歳から小学校1年生くらいです。

スクリーンショット 2014-09-03 10.51.38

 

 

 

 

 

 

★★★

「リトルパイロット!」空のお仕事を体験しよう!

飛行機のお仕事にあこがれているお子さん、多いのではないでしょうか。

点検の準備から、離陸・着陸まで、パイロットのお仕事を知ることができるアプリです。
国旗もでてくるので、国旗の勉強にもなりますよ。

対象年齢は、6歳から8歳です。

スクリーンショット 2014-09-03 10.57.00