焦らない、比べない、でも続けること

もっと厳しくして、日本語を集中して勉強させるべきか。」
「これ以上日本語の負担を増やすのは、親のエゴではないのか。」

2つの考えの間で、しんどいお気持ちを抱えられたことは
ありませんか。

オランダのように、日本語学習が
現地校の正規カリキュラムの外に置かれた国で
生活していて、日本に「帰国」する予定がない場合、
日本語の勉強が最優先にならないのは、
当然のことです。

罪悪感をお持ちになる必要は、全くありません。

大切なのは「焦らない、比べない、でも続ける」ことです。

★★★

教師としての立場ではなく、研究者として正直に申し上げれば
海外で成長する子どもにとって、
もともと日本語は必須ではないのです。

日本語を勉強しないことが、
子どもの将来に直接的に不利益になることも、
アイデンティティの崩壊につながることもありません。

もちろん、ことばとアイデンティティには
深い関わりがあります。

しかし、日本語を全く話せない場合でも、日本国籍がなくても、
日本につながりのあることを周囲と本人が受け止めれば、
「日本人」であることに誇りをもつことができます。

日本語を全く話せなくても、幸せに暮らしている
「元•海外で成長した子どもたち」を私は何人も知っています。

むしろ、「日本人の血が流れているのに、日本語が話せないなんて」
眉をひそめる考え方のほうに、
問題があるんじゃないかと私は思います。

いまや、ひとつの国•民族=ひとつの言語の時代ではありません。

ハーフも、クオーターも、皆さんの周囲にはたくさんいると思います。
親のことばを、どちらもバランス良く話せる人、
祖父母のことばを、すべて話せる人がどれだけいるでしょうか。

さらに言えば、先祖をずっとずっとたどっていけば、
日本人の多くは、中国、朝鮮、東南アジア等につながりがあるでしょう。
しかし、それだけを理由に、中国語や朝鮮語や東南アジア語を
本気で勉強する人がいるでしょうか。

「血」を根拠に言語を学び始めれば、きりがありません

★★★

日本語は必須ではありません。

しかし、より
子どもたちの視野を広くし、
より柔軟な思考と、より豊かな表現力を
育てる
ために
とても有益であることも事実です。

マルチリンガルの子どもたちは、
創作力、言語比較能力、異文化理解能力にすぐれています。

これからの社会を生き抜くために、武器になる力です。

★★★

先日、海外で成長する子どもの日本語を、
「日本国内のモノリンガルの子どもの日本語」と
比べるべきではない、と書きました。(記事はこちらです➡

もともと、違う土俵にいる子どもたちです。
比べて、焦ることはありません。

また、海のこちら側にいる、ほかの子どもたちと
比べる必要もありません

なぜなら、日本語は「できなければならないもの」ではなく、
「できたら、ちょっとお得なもの」だからです。

やる気にさえなれば、いつからだって始められます。

子どもの時に日本語を使わず(あるいは使うのをやめてしまい)、
大学生になって日本語を専攻した人はたくさんいます。

母親、父親が日本人という人もいれば、
両親とも日本人という人もいますが、
3年もたつと、見事な日本語を話せるようになります。

やろうと思えば、数年で取り戻せてしまうのです。
どうぞ、焦らず、どーんと構えていらしてください。

★★★

ただ、教師としての本音は、
できれば、日本語学習は、ゆるく長く続けていただきたいです。
子どもたちには、より豊かな心と、高い思考力をもった大人に
なってほしいということが、理由のひとつです。

また、特に、親御さんの現地語が強くない場合、
より密なコミュニケーションには、少なくとも、
日常生活のレベルで日本語が話せることが役に立ちます。

★★★

ゆるく長く続ける日本語学習の方法は、さまざまです。

補習校だけが唯一絶対の方法!と思っていらっしゃる方は
多いのですが、あくまで、数ある選択肢のひとつに過ぎません。

教室という環境は重要なので、日本語教室にせよ、
補習校にせよ、通える場所があるなら、通うことをおすすめします。

もちろん、一番のおすすめは、てらこやです。
(てらこやのご紹介はこちら➡ 

★★★

近所に教室がない、日本人もいないという場合も、
何でもいいので、日本語に触れる時間をつくってください。

男の子なら、ウルトラマンシリーズ、ポケモンなどを見るのもいいでしょう。
最近のアニメでは、妖怪ウォッチは本当におすすめです!
(詳しくはこちらの記事➡

女の子なら、「プリキュア」「プリティーリズム」などが今人気です。

動物が好きなお子さんなら「おおかみ子どもの雨と雪」や「獣の奏者エリン」
一押しです。こちらは大人もいっしょに楽しめます。
(詳しくはこちらの記事➡

何か好きなシリーズがひとつ見つかれば、それが日本語•日本文化への興味
モチベーションの維持につながります。

他にも一緒に本を読むかるたやすごろくで遊ぶ日本語のレシピを読みながら
一緒に料理を作る、空手や柔道のわざの名前をで筆ペンで書いてみる、
日本語のニュースを一緒に見て、思ったことを話し合う•••
(子ども向けニュースサイトのご紹介はこちら➡

小さなことでかまいません。

続けていれば、お子さんも親御さんも、
「やっていてよかった」と思う日が必ず来ます。
だいじょうぶです。

「ゆるく、長く」そして「楽しく」
日本語学習を継続してみてください。

Sunflower_from_Silesia

 

広告

「教室」でしかできないこと

ひとりで勉強する、保護者と勉強する、
家庭教師と勉強する、インターネットで勉強する•••。

教室の外にも、学びの方法はたくさんあります。

それぞれに長所と短所があり、どれかひとつが
最善で絶対の方法というわけではありません。

しかし、教室だからこそできること、
教室でしかできないことも多いのです。

★★★

ひとつめは、対話です。

教室には、教師•生徒間、生徒•生徒間の対話が存在します。
対話の中で、新たな学びが生まれます。
同じ教科書を使っていても、教室によって様々な学びが生まれるのは、
対話があってこそです。

ふたつめは、社会的文脈の中で学ぶことです。

教室は小さな社会です。
守るべきルールがあり、相手によって
コミュニケーションの仕方を
変える必要もあります。

そのような社会的文脈があるからこそ、子どもたちは、教科書の内容
だけでなく、適切な
表現方法や社会性を身につけることができます。

みっつめは、仲間との出会いです。

日本につながりのある子どもたちの間には、独特の連帯感があります。
日曜日の同じ時間、毎週てらこやに通ううちに、その連帯感は強まります。
一緒に勉強するクラスメートの存在は、子どもにとっては、とても
大切なものです。それは、モチベーションの維持にもつながります。

★★★

ただ単に、日本語という言語を勉強するだけなら、
ひとりでもできます

しかし、子どもたちに必要なのは、言語の知識だけではありません。

コミュニケーション能力、社会性こそが、日本語を実生活で生かす際に
必要不可欠のことであり、日本語に限らずどのような言語を使う場合にも
おいても重要なことです。

そして、仲間と出会い自分の考えを言うこと、相手の考えを聞くことが、
考える力と伝える力を同時に育てるのです。

日本語の勉強に役立つSNS

こ組&や組担当のEmiです。

欧州日本語教師研修会で勉強したことの続きです。
今回は、国際交流基金の村上吉文先生
教えていただいたことをまとめます。
(村上先生のブログはこちら

ソーシャルネットワーキングサービスの
お話なので、対象学習者は中高生以上です。

★★★

海外で日本語を勉強している多くの人に
とって、切実な悩みは、

「日本語を話す友人がまわりにいない」

ということです。

親が日本人という場合にも、

同年代で、日本語を話せる、気の合う仲間
いるのといないのとでは、大きな違いです。

今は、インターネットというツールがあります。
ぜひ日本語学習にも生かしましょう!

★★★

1)Facebookのコミュニティ

 
Facebook上には、いろいろな趣味のコミュニティがあります。
例えば、「オランダ」とカタカナで入れると
オランダに興味のある日本語話者のコミュニティ
見つけることができます。

ここに集まっている人たちは、オランダについて
興味津々の人たちです。

その他、好きなスポーツ、趣味などのサークルが
たくさんあります。

ここで友達を作れば、日本語を使う機会がぐんと増え、
自分の趣味についての情報も入ってきます。

 
2)写真共有サイト

Flicker や Google+にアップされている、日本人の写真に
日本語でコメントをするのも、日本語を使ういい機会になります。

ご存知の通り、日本人は旅行好きです。
オランダの写真もたくさんあります。

自分が今住んでいる街や、知っている街の名前を検索すると、
たくさんの写真がでてきます。写真についての感想をきっかけに、
友達をつくることもできます。

3)Lang 8

日本語で文章を書く練習をしたい場合は、Lang 8がおすすめです。
これも無料で使えます。

これは、世界中の人が、自分が勉強していることばで作文を書き、
お互いに添削しあうというシステムのサイトです。
添削をするのは、母語話者です。

日本語で作文を書くと、速い時には15分で誰かがチェックしてくれます。

私も実は使ったことがあるのですが、使い方には
ちょっとしたコツがあります。

【1】自分が学習したい言語の母語話者に、友達申請をしておく。
私はオランダ語を勉強しているので、オランダ語母語話者の中で、
日本語を勉強している人にしぼって、友達申請をしました。

【2】友達申請した人の作文は、なるべく添削してあげる。
そうすると、自分が書いた時も添削してもらえるようになります。

【3】ひとつの作文は、短めに。
長いと添削する側も大変なので。

【4】母語話者の中の「うまい人」を見極める
母語話者の中にも、レベルが高い人と低い人がいます。
うまい人を見極めて、その人の添削を優先して
参考にするようにしましょう。

★★★

最後に。
中高生のお子さんがSNSを使う場合には、安全な使い方について
よく説明してあげてからにしてください。

正しくインターネットを活用して、日本語力の向上に
役立てましょう。

日本語を話すゲーム

日本語上達の鍵となるのは、
日本語をたくさん話すこと

これは、海外で日本語を学ぶお子さんにも、
外国語として日本語を学ぶ大人にも共通しています。

しかし、日常生活では、どうしても、
同じような話題になりがちです。

より多様な日本語、抽象度の高い日本語を
身につけるためには、例えば、ニュースを見て
それについて話すのもおすすめです。
(簡単なニュースサイトの記事は、こちらです

★★★

でも、いつも難しい話では、つかれてしまうことも
ありますよね?

そんな時におすすめのゲームがこちらです。

スクリーンショット 2014-08-29 17.42.48

アイルランドの会社が出しているゲームのようです。
http://www.storycubes.com/products

私はオランダのゲーム屋で見つけました。

箱の中には、
9つのさいころが入っていて、
それぞれの面に絵が描かれています。

この9つのさいころをふって、
出た絵をつなげて物語を作るというゲームです。

日本語初級者、あるいは小さなお子さんでしたら、
2つか3つのさいころで始めるのもいいでしょう。

難易度をあげるなら、いろいろな条件をつけられます。

例えば、

*すべて「です•ます」で文をつくる。
*すべて普通体にする。*すべて過去形にする。

敬語の練習にすれば、中上級レベルにも使えます。

*すべて尊敬語にする。
*すべて謙譲語にする。

★★★

時々、「なにこれ?」という絵もありますが、
それも含めて、とても楽しいゲームです。

この物語作りゲーム、ぜひ試してみてください。

日本語学習は誰のもの?

講師のEmiです。
欧州日本語教師研修会で勉強したことの続きです。

一番「目から鱗」だったのは、教師の役割についてでした。

★★★

先生が全部説明する。そして学習者は、それを頭にひたすらつめこむ•••。

伝統的な日本の授業スタイルは、この形です。

予備校の授業は、まさにこれでした。
(これはこれで、私自身は楽しかったのですし、
今も、教育現場によっては必要だとも思います。)

★★★

一方、今の日本語教育の主流は、「学習者主体」です。

学習における主役は、あくまで生徒
教師はそのサポート役という考え方です。

★★★

教師は、学びを導くガイド」であり、「黒子」
この言葉が、研修会で一番心に残りました。

★★★

この「学習者主体」、子どもたちの教育でも、
大切な考え方だと思います。

子どもたちの「なぜ?」「知りたい!」というアンテナを
刺激すること。

子どもたちが自分で考え、仲間と議論し、思考を
深められるよう、場を整えること。

上から目線で「教え込む」のではなく、
子どもたちの良きガイドとしての教師でありたいと思います。

漢字を探せ! @Leiden

漢字を探せ!@ライデン
こ組&や組担当のEmiです。

今学期から、こ組&ら組ではポートフォリオを導入しました。
(詳しくはこちらの記事 ➡

ポートフォリオには「日本語の漢字を探せ!」
というワークシートが入っています。

家の中、街の中で見つけた漢字と読み方
記録するシートです。

みんな、いくつ見つけられたでしょうか。

私も、お散歩がてら、ライデンの街で漢字を探してみました。

★★★

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

これ、おもしろいですよね。なぜ( )つきなんでしょう?

何度見ても、思わず笑ってしまいます。

★★★

続いて、ライデン大学附属植物園です。

日本語で名前が記された植物もあります。
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

「~科」は、これで覚えられますね。
カタカナの復習にもなります。

そして、植物園内の和歌
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 


難しい漢字ばかりですが、和歌のリズムと一緒に

お子さんと口ずさんで見てください。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

芭蕉もあります。まるで川の流れのような字体です。

★★★

「東京キッチン」という日本食屋さん。

お寿司もおいしいのですが、かわいいクッキーもおすすめです。

冷たい緑茶の缶、なんと1ユーロです!

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

★★★

こう見ると、やっぱりライデンは日本語が多いですね•••。

皆さん、ぜひライデンにも漢字を探しに&遊びに来てください。

子どものいいところを数える

こ組&や組担当のEmiです。

「基本的な漢字が読めないんです」
「ボキャボラリーが少なくて」
「ひらがなもすらすら読めないんです」

海外で日本語を教えている先生や、
親御さんからよく聞かれることばです。

これはオランダに限らず、どの国でも共通しています。
見事に「ないないづくし」ですよね。

しかし、ここで基準となっているのは何でしょうか。
それは、「日本国内のモノリンガルの子どもの日本語」です。

自分たちが子どもの時の日本語。
日本の育児書の「発達基準」の日本語。
日本国内の知り合いの子どもの日本語。

日本語だけで生活し、日本語に囲まれ、日本語で遊び、
日本語で勉強している子どもたちです。

彼らの日本語と、海外で成長する子どもたちの日本語を比較し
できないことを数えるのは、果たしてフェアと言えるのか。

私達大人は、少なくとも、そのことに、
いつも自覚的である必要があると思います。

無意識に「できない」を数えることは、
子どもたちの自信を奪ってしまっているかもしれません。

これは、子どもにとっても、大人にとっても、しんどいです。

★★★

私がいつも気をつけているのは、「子どものいいところを数える」ことです。

そもそも、二カ国語以上話せるというだけで、すごいことです。

オランダの文化、日本の文化の両方を
肌で感じながら成長している子どもたちなんです。

言語を見る視点も、文化を見る視点も、
モノリンガルとは全く違います。

「国際理解」も「異文化理解」も、
呼吸のような感覚でできている子たちです。

また、創造力のあるお子さんが非常に多いことも
研究で実証されています。

★★★

ちょっと視点を変えるだけで、
子どもたちのいいところがたくさん見えてきます。

新しい漢字を5つ覚えた。
読めなかった本が読めるようになった。
接続詞が少し使えるようになった。
てらこやで習った言葉を使えた。

こういった「成果」だけでなく、

日本語をがんばって勉強しようとしている。
アニメを見ていて、ことばの意味に興味を持った。
日本食のパッケージの漢字の読み方に関心がある。

「態度•関心」もカウントできる「いいところ」です。

子どもたちのいいところ、一緒にたくさん数えていきましょう。

一緒に学ぶ、だから楽しい

こ組&や組担当のEmiです。
この夏休みに、アルザスの欧州日本語教師研修会に参加しました。
1週間泊まりがけの勉強会です。

国際交流基金の先生方の講義を聞くのも、
他国で日本語教師として活躍する先生方との交流も、非常に楽しく、勉強になることばかりでした。

アルザスで勉強したことも、このブログで少しずつ
ご紹介しようと思います。

★★★

研修会で一番実感したのは、
一緒に学ぶことの楽しさと効果です。

知識をつめこむ勉強なら、ひとりでもできます。
ひたすら本を読めばいいので。

今回の研修は、講義を聞くだけでなく、
ディスカッションやグループワークが充実していました。

これが本当におもしろいのです。

話すことで、理解が深まります。

他の参加者の意見は、思考の流れを活性化する、
潤滑油のようでした。

講義で聞いたばかりの知識、表面的な理解だった知識が、
ストンとからだの中に落ちてくるのを感じました。

また、参加者間の不思議な連帯感も、
勉強会が進むにつれて、増していきました。

★★★

子どもたちが、てらこやに来ることの意味も、
ひとつは「一緒に学べる」ことじゃないかなあと、
つくづく思いました。

てらこやには、日本につながりをもつ子どもたちが集まります。

そして、クラスメイトとの対話教師との対話を通じて、
考えを深めたり、思考をひとつ上の段階に昇華していくことができます。

一緒に学べる、てらこやという場が、
子どもたちの学びを、活性化しているのです。

★★★

一緒に学ぶ、楽しさと効果を最大限に生かしながら、
授業作りに取り組んでいこうと思います。

子ども向けのニュースサイト

お子さんが小学生になったら、少しずつ、
ニュースサイトも一緒に見てみましょう。

オランダのJeugdjournaalで取り上げられたニュースと、
同じニュースを探して比べて読むのもいいですね。

漢字が難しいときは、ふりがなサイトを使ってみてください。
URLを入れるだけで、そのページすべてふりがながつきます。
http://www.hiragana.jp/

スクリーンショット 2014-08-25 19.24.43

★★★

朝日小学生新聞

これは「老舗」ですね。
ページ右側の「最新ニュース」の「一面から」
特におすすめです。

新聞記者と子どもの会話形式で、今話題のニュースに
ついて考えることができます。

お子さんと一緒に読んで、親子で意見を話し合うことで、
おこさんの考える力と、ことばの力が一緒に育ちます。
http://www.asagaku.com/index.html

スクリーンショット 2014-08-25 19.03.03

 

 

 

 

 

★★★

毎日小学生新聞

ニュースに限らず、様々なトピックの文章を読むことができます。

「今日のなぜ?」では、「台風の仕組み」「洞窟の中はなぜ涼しいの?•••

「図解なるほど」では、「第一次世界大戦から100年」•••など、

お子さんの知的好奇心をくすぐるトピックが目白押しです!
http://mainichi.jp/feature/maisho/

スクリーンショット 2014-08-25 19.18.19

 

 

 

 

★★★

NHK Easy News

スクリプトと、それを読み上げる音声を聞けます。

合成音声なので、ちょっとどうかと思ったのですが、
子どもは、逆にとてもおもしろがって、興味をもってくれました。

音声つきなので、漢字の勉強にも役立ちます。
http://www3.nhk.or.jp/news/easy/

スクリーンショット 2014-08-25 19.15.23

 

 

おすすめの無料ひらがなアプリ

教科書やワークでの練習はもちろん効果的ですが、
現代っ子には、アプリもとても有効な学びのツールです。

いろいろな学び方を組み合わせましょう。

教科書、ワーク、アプリ•••
ひとりで、お家の人と、教室で先生と•••
声に出して読む、指で書く、えんぴつで書く•••

少しずつちがう文脈の中で、同じことを繰り返し
勉強する事で、知識の定着深まります。

★★★

にほんご ひらがな
(開発 hk 2006)

スクリーンショット 2014-08-25 18.35.48

 

 

 

 

テンポよく読まれる例語を聞きながら、
楽しくひらがなが学べます。

絵か文字か、レベルを選んで遊べるので、
まだひらがなが苦手でも大丈夫です。

よくできると「はなまるスタンプ」ももらえます。

https://itunes.apple.com/jp/app/id492215819?mt=8

★★★

こどもゆびドリル
(開発Nextbook)

絵に触ると声が流れたり、絵が伸びたり縮んだり。
子どもの興味をひく工夫が満載です。

読み書きの基本だけでなく、流れる音楽に合わせて
タンバリンを叩くモードもあります。

ひらがなだけでなく、拍感覚やリズムも身につきます。

スクリーンショット 2014-08-25 18.41.12

 

 

 

 

 

https://itunes.apple.com/jp/app/kodomoyubidoriru-hiragana/id526018363?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

★★★

ひらがなかるた
(開発 Gloding)

「第7回キッズデザイン賞」を受賞した、
とてもかわいいかるたゲーム。

読み上げられた絵札をタッチする、
まさにかるたのアプリ版です。

スクリーンショット 2014-08-25 18.47.59

 

 

 

 

 

 

https://itunes.apple.com/jp/app/hiraganakaruta/id666138078?mt=8